• Staff

NOW OR NEVER.を通して伝えたいこと

あなたは「差別」に対してどんな意見を持っていますか?

人はみんな違います。

例えば、病気、肌の色、国籍の違い、障がい、セクシュアルマイノリティ。

あまり興味がない、深く考えたこともない、という方は

きっと平和で幸せな日常を送られているのでしょう。

頭ではこういった社会問題について知っている理解しているつもりでも、

声に出さないで沈黙を続ける人がとても多いこと。


これが差別が人類から消えない大きな要因です。

沈黙は何も変えない、何も変わらない。

日本には静観も沈黙もどこか「美」とされる文化があります。

しかし、日本人はマタニティマークやみどりの羽など

身に付けて主張することは得意な文化があります。

マタニティマークはお腹の命を守るためのマークですが人種差別への主張も同じマークです。

子供や孫の命を私たちがまもらなくては。

声に出さなくてもいいんです。

でももしあなたがどんな差別をも否定する人なら

「私は差別を憎んでいる、私は差別をしない」

という主張を何かで表現してみて欲しい。

このTシャツは

日本人とアフリカンアメリカ人のルーツを持つ

6歳のデザイナーと共にデザインしました。

このシャツを着ることで差別、人権問題についての

あなたの「主張」となれば嬉しいです。

そしてこのプロジェクトは今後、未来をつくる子供たちが、

みずからがデザインし、発信していくプラットフォームを目指しています。

偏見のない、違いを受け入れられる愛に溢れる社会へ。

We can end racism with love.

What are your thoughts on racism?

If you’re the kind of person that’s not really interested or

doesn’t really think too deeply about it, you might be living a peaceful and happy life.

Some people don’t have that luxury.

There are those out there that can’t even step out of their homes without

the fear of being killed simply because of the color of their skin.

This act of violence against another due to their skin color is not the way that humans should behave.

Even if you are aware of race issues,

there are so many people who remain silent about it not realizing

that silence is one of the reasons that this issue still exists.

Silence doesn’t change anything.

In Japan, there is a strong culture of quietness and silence

that’s regarded as something beautiful.

Japanese people have a tendency to express their thoughts and feelings through the things

that they wear.

For example, a pregnant mother wearing a maternity badge to encourage others to

kindly offer their seats or a person wearing a green feather that brings awareness to greening initiatives.

I believe the same can be done when it comes to bringing awareness to racism.

Even if you can’t bring yourself to say things like

“I hate racism, I’m not racist”,

why don’t you try wearing a T-Shirt that expresses it for you.

These T-shirt designs were created with the help of my 6 year old daughter

who is Japanese and African American.

I hope that children and adults will fall in love with these designs

and through them create an opportunity to talk about racism and human rights issues together.

2回の閲覧0件のコメント